HOME > Blog > アーカイブ > 2013年2月アーカイブ

Blog 2013年2月アーカイブ

s!s!s! 「上田市 美容院 Aquila」

樺澤です。

 

 

 

今回はs!s!s!してみました。

 

 

s!s!s!とはスーパーシャンプー台掃除の略。

 

 

before

 

20130218_123709.jpg

 

 

 

 

結構ごちゃごちゃしてますね。

 

 

シャンプー、トリートメント各種沢山。

 

 

どれかに絞れば良い話ですが、

 

 

どうしてもすべて必要なんですね。

 

 

 

髪質に合わせて一番合ったものを使用するんです。

 

 

そこで、綺麗に整理してみました。

 

 

after

 

20130222_151642.jpg

 

 

20130222_151651.jpg

 

 

 

 

20130222_151659.jpg

 

 

 

なんということでしょう!

 

 

今までただの横並びのシャンプー、トリートメント達が、

 

 

匠の手によって、規則的に、立体的にグループ分けされてるじゃありませんか。

 

 

依頼主のシュン君も大喜び!

 

20130224_092956.jpg

 

 

 

 

 

 

 

                    リフォームの匠   樺澤国男

 

 

 


1ユーロセントの裏側 「上田市 美容院 Aquila」

こんにちは、シュンです。

 

今回紹介する世界遺産は

 

 

「デル・モンテ城」

 

shun147

 

 

 

 

shun148

 

 

shun149

 

 

 

shun150

1240年ころ、

 

当時のシチリア王であった神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世によってバーリ近くの高台に建てられました。

 

別荘または客をもてなすために使用されたといわれるこの城は、

 

建物は八角形で、内側には八角形の中庭がある。

 

8つの角には八角形の塔が8つ建てられているといった具合にすべてが8づくし。

 

 

イスラムと北方ヨーロッパゴシック的な建築様式の調和が見事で、

 

 

1ユーロセント硬貨の裏面にもデザインされています。

 

 

八角形はいずれも極めて正確に設計されていて、

 

 

異色さとナゾに包まれた城、それが世界遺産デル・モンテ城です。

 

 

 

 

 

 

話はかわりますが

 

バレンタインの

 

沢山のチョコレートありがとうございました!!


続・パーマの道具 「上田市 美容院 Aquila」

いつもありがとうございます。

 

Aquilaの樺澤です。

 

 

今回のお話は「続・パーマの道具」

 

 

パーマに使うカーラーは本来ロッドといわれ、別物になります。

 

このロッドにくりくりくりっと髪の毛を巻き込んでパーマ液で成形するのがパーマの基本です。

 

太さや大きさ、巻き方の工夫などによっていろいろな種類の形が作れるので

 

パーマの基本といえるでしょう。

 

これにパーマ液の強弱を組み合わせることでさらに多彩なパーマ表現が実現するわけです。

 

ロッドの目的は、髪の毛を任意に巻き込んで思い通りの髪型を実現することにあります。

 

そのため、太さと大きさ、巻き方それぞれにたくさんの種類があり、

 

これを組み合わせて理想の髪型を実現するのです。

 

例えば、先に髪の毛をねじった状態からロッドに巻けば細かい波が美しいパーマになりますし、

 

髪の生え方に平行に巻けばボリューム感が出ます。

 

実際の美容院ではこれらの手法をポイントごとに組み合わせて

 

一つの完成されたヘアースタイルを作り上げてくれるのです。

 

 


イタリア 「上田市 美容院 Aquila」

こんにちは、シュンです。

 

今回の世界遺産は

 

「ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群」

 

 

shun144

 

shun145

チンクエテッレ(Cinque Terre)とはイタリア語で「5つの土地」という意味で、

 

モンテロッソ(Monterosso)から

 

リオマッジョーレ(Riomaggiore)までのリグーリア海岸沿いにある5つの村を指します。

 

切り立った崖とそれに張り付くようにたたずむ町の景色がまさに絶景です。

 

入り組んだ海岸線、カラフルな家々、崖沿い伸びる眺めの美しい道、

 

広がる大自然、海を臨む教会など、まるで絵はがきのような景色が楽しめる、

 

イタリアでも有数の観光地です。

 

 

 

 

どんどん世界遺産に詳しくなってきます。


ナンバーワン 「上田市 美容院 Aquila」

こんにちは、シュンです。

 

今回も世界遺産シリーズ

 

 

NHKの世界遺産人気ランキングで1位になるなど数ある世界遺産の中で、

 

 

特に日本人に人気がある「モン・サン・ミシェル」を紹介したいと思います!!

 

shun140

 

 

shun141

 

shun142

モンサンミシェルは、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院で、

 

重要なカトリックの巡礼地のひとつであり、1979年、

 

「モンサンミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

中世の頃、島はもともと陸続きでしたが、あるとき津波によって陸と切り離されてしまったそうです。


しかし、1877年に対岸との間に地続きの道路が作られたことにより、

 

潮流をせき止めることに。100年間で2mもの砂が堆積してしまいました。

 

 

近年、急速な陸地化が進行しており、島の間際まで潮がくることは滅多無くなりつつあるといいます。

 

 

 

 

 

ちなみに、僕が行きたい世界遺産ナンバーワンです!!

 

 


パーマの道具 「上田市 美容院 Aquila」

いつもありがとうございます。

 

 

Aquilaの樺澤です。

 

 

今回のお話は「パーマの道具」

 

 

実際のところ、初めて美容院に行ってパーマを注文すると

 

見慣れない器具がぞろぞろ出てきて

 

ちょっと怖いと感じませんか?

 

 ここではパーマをかける際に必要な道具とその役割について説明します。

 

「あ、あれはこういう役目のものなんだな」と理解していればだいぶ気分が落ち着きますよね。

 

道具を説明する前に、先にコールドパーマについて

 

説明しないとわかりにくいので先に説明しておきますね。

 

現在はパーマというと大半がこのコールドパーマになります。

 

直訳すると涼しいパーマとなります。

 

パーマかけたことがある人からは「いやいやいや、充分あっちいよ」

 

というツッコミが入りそうなんで少し補足しておくと、

 

このコールドパーマが完成するまでは髪の毛を高熱で変質させて

 

強制的に髪をウェーブさせるという、ヒートパーマが主流で、

 

いわばヤケド当たり前の高熱パーマだったわけです。

 

(今はホットパーマでもまずそんな心配ありませんが)で、

 

それから比べると充分コールドというわけですね。

 

まずはパーマのかかる仕組みのところでも触れたパーマ液についてもう少しふれてみましょうか。

 

このパーマ液で髪の毛を変質させるというのがコールドパーマの基本でして、

 

要するにコールドパーマとヒートパーマの違いというのは

 

髪の毛を変質させるのに薬を使うか熱を使うかによるんですね。

 

さて、このパーマ液、意外なことに医薬部外品として薬事法というもので

 

きっちりと規格が定められており、原料や成分によって9種類に分けられています。

 

ただ、現在はこの薬事法の規制が多少ゆるくなったおかげで

 

(コンビニでも薬買えるようになったやつです)

 

企業が責任を持つ形で独自成分のパーマ液も販売されるようになっています。

 

パーマ液は1剤と2剤に分けられており1剤によって髪の毛の組成を破壊して任意の形にまとめ、

 

2剤によって形をまとめた髪の毛を"まとまった状態のまま固定"するのが役割になります。

 

パーマ液で破壊・再組成した髪の毛は完全に変質するので例え水で濡らしても、

 

乾けばまたウェーブ状態に戻るというわけです。

 

1液にはどうしても多少のアルカリを使用してます。

 

そのまま固めてしまうと髪が傷み続けてしまうので、

 

当店では、アルカリを完全に除去して、髪本来の弱酸性に戻してから、

 

しっかりとウエーブを作っていきますのでご安心を。

 

次回のお話は「続・パーマの道具」

 

 


シュンの旬な世界遺産「上田市 美容院 Aquila」

こんにちは、シュンです。

 

 

前回のブログで「世界遺産」のランキングを紹介しましたが、

 

 

今回はオススメの世界遺産を紹介したいとおもいます!!

 

「アンコール遺跡」

shun137

 

 

shun138

 

shun139

アンコール遺跡は、現在のカンボジア王国シェムリアップ州に、

 

8世紀から14世紀に建設された、クメール(アンコール)王朝の建造物の遺跡である。


一般的に、アンコール・ワットの名前で知られているが、

 

アンコール・トムなどの大小複数の遺跡があり、アンコール・ワットはその一部に過ぎない。


クメール王朝は度重なるアユタヤ王朝などの外敵に侵攻され、

 

1432年にポニェ・ヤート王がプノンペンに遷都するのと、この地は放棄され荒廃の一途をたどり、

 

長い間人々から忘れ去れていた。

 

今から150年ほど前にフランス人博物学者アンリ・ムオにより再発見されてからは、

 

その壮大で荘厳な遺跡は再び、人々の心にとらえられるようになった。

 

1992年には世界遺産に登録され、多くの観光客がこの地を訪れるようになった。

 

 

 

カンボジアに行きたいです・・・


1

« 2013年1月 | メインページ | アーカイブ | 2013年3月 »

このページのトップへ